ボートパーク内でボート火災発生

11月29日午後にバートパークに停泊しているボートから煙が立ち上がり、オーナーが消防に連絡し消火活動を実施しましたが、ハルを残しガンネルから上は全焼してしまいました。
また、不運なことにその隣には5日前にYFRの新艇が入艇しており側面塗装やウインドウ,レーダーカバーまで変形するという最悪の大惨事となってしまいました。

画像は撮影してありますが、個人情報保護の為あえて掲載は致しませんが記事を投稿したのは、この火災には人為的なミスもありその部分の注意喚起の為に投稿させていただきました。

役員が出火元本人に確認したところ、久々に船に来られエンジン始動。
掃除の為キャビンに入ると焦げたような配線を発見、その時点でショートしていたと考えられるが、
本人はまたショートするといけないので裸線のところに再度のショートを防ぐ為か一時的にタオル(可燃物)を巻き、
配線が汚れていたので周囲の被膜を潤滑スプレーを吹き掃除した後メインを切る為、電池収納ハッチを開けたところ配線が焦げて煙が出ており、その後すぐにキャビンから大量の煙が発生し手に負えない状態になり消防に連絡。

この時点のオーナーの行動で直流配線への知識の無さ(赤字)によって発火し、初期消火が遅れた事が原因と思われる。発熱している配線に可燃物を巻く(挟む)ことそして潤滑スプレーを吹くという初期的判断ミス!

すぐにメイン電源をカットし、引火した可燃物を消すことが出来れば大惨事は防げたかもしれません。
(スプレー缶式でも良いから消化具を準備しておく事も必要かも!)

レバーを引いて使用する消火器の方が勿論良いのですが、スプレー缶方式の消化具なら
1000円未満で購入可能ですので念のため。(ちなみに電気配線ショートには未対応)

電気的なトラブルはまずは何を差し置いてもメインスイッチを切りましょう!
そして各負荷にはそれぞれ適したフューズを取付し、内部の線が黒くなった様な古い配線は発熱の原因にもなりますので定期的に確認し交換を推奨。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

ログインする

四管区MICS(沿岸域情報提供システム)

波ヶ埼灯台(佐久島西側)
伊良湖岬船舶通航信号所
共に東方の風が弱く出る傾向がありますのでご注意下さい
大王埼灯台
西方の風が弱く出る傾向がありますのでご注意下さい

三河湾の潮位(武豊)